プロのクリエイターがホームページの作成や運用ノウハウについて無料公開!

ホームページTIPS
facebook twitter mail

このサイトでは、ホームページ制作運用に関する各種の情報を無料公開しています。
内容についてのご意見・ご指摘については、フォームからお知らせいただけば、適宜変更させていただきます。

html.cssに関するTips

2017.7.15更新

【特集|position:fixed】vol.1 – 固定した中身をスクロールさせる方法と慣性スクロールについて

Attention!

スマートフォン表示によく使われるハンバーガーナビ。ナビメニューが多いサイトの場合、指でスクロールさせてスルスルッと気持ちよく動かしたいですよね。ナビボタンはスマホ画面の最上部に「position:fixed」で固定させておき、メニューを開いた際に、中身だけがスクロールする、しかも気持ち良く!という方法をご紹介します。

1ナビボタンを「position:fix」で固定させ、中身を「overflow-y: scroll;」でスクロールさせる
#sp_gnav_list{
	position: fixed;
   overflow-y: scroll;	
   z-index: 99;
	top:0;
	width:100%;
	height:100%;    <---heightを指定します
	background-color:#f00;
 }

ナビ要素であるsp_gnav_listを「position:fix」で最上部に固定させ、中身をスクロールさせるには 、固定する親要素のheightを100%で指定、「overflow-y: scroll;」を記述すれば、スクロールできるようになります。コード例のように全面にナビメニューが表示される場合、1枚上にフィルターをかぶせるイメージで「z-index:99」などと一緒に記述すると良いでしょう。

2さらに気持ち良く!慣性スクロールを実装する
#sp_gnav_list{
	position: fixed;
   overflow-y: scroll;	
   z-index: 99;
	top:0;
	width:100%;
	height:100%;
	background-color:#f00;
    -webkit-overflow-scrolling: touch;   // 慣性スクロールを追加
 }

「webkit-overflow-scrolling: touch;」を加えると、スワイプした際にスルスルっと慣性スクロールが実装できます。ナビメニューが多い時に有効です。

3リストの最後の要素の「見切れ」に注意!

							
							

スマートフォンの機種にもよりますが、せっかく固定要素内でのスクロールを実装しても、iPhone端末などでは、

最後のリスト要素が見切れてしまう事もあります。その対策として、

最後のリスト要素に(padding-bottom:50pxくらい)と(margin-bottom:50pxくらい)を加えておくと

見切れる事なく、きちんと表示される様になります。

トップへ